読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実録・月150時間残業を超えるとどうなるか?

まいど!たんたんたぬきたんです!

 なんだか長時間残業した場合に体調や心がどう変化するかを記事にするのが流行っているみたい(2年前に)。

なので自分もその社畜っぷりを披露してみることにするぞ!

 

nzmoyasystem.hatenablog.com

 

potato-gnocchi.hatenablog.com

 

上の方は100時間、下の方は300時間といういずれもかなり過酷な労働を経験されていたようだ。

っていうか300時間の残業っていったいどういうことやっちゅーねん!

月20日勤務、1日8時間労働だとすると月に160時間働くことになるけど、倍以上残業していることになるのか・・・

もう生きる気力もなくなるね!

 

さて、僕は最高で150時間を経験しているのだが、100時間超過していたのも含めると何回か長時間労働を経験していたことがある。

その当時を思い出してみようと思う。

 

◆1回目(2001年4月だったかな?)

もう昔過ぎていつだったかすらうろ覚えなんだけど、たしか就職2年目で100時間を始めて経験したときだった。

障害に巻き込まれてどうしようもなく残業、休日出勤が多かったという感じだったし、一人暮らしを始めたくらいのときだったので大変だったと思う。

このときは歯みがきをあまりしなかったのでその後の歯の治療が大変だった気がする。

しかし、あまりに昔すぎてあまり覚えていないけど(^-^)

残業代がいっぱい入ってびっくりした記憶がある。

あと足もクソ臭くなった。

 

◆2回目(2011年3、4月)

さて、次はかなり時間が飛んで10年後くらい。

それまでは残業40、50時間くらいを行ったり来たりという感じだったのだが、100時間を超過することはあまりなかった。

2011年3月は80時間、4月は100時間くらいの残業をしていた。4月は休日出勤ばかりで休みもなかったなぁ・・・

開発案件で時間が足りないが人もいない(必要なスキルを持った人員がアサインされていなかった)ため、当然残業でカバーという感じになっていた。

さて、仕事が終わってから食事するので当然、太るし髭をそるのも面倒なので酷い顔して出勤していた気がする。

地震直後で色々ニュースが賑やかであったが、あまり世間の状況を知らないまま仕事だけしていた。

毎日、中華料理屋で飯を食っていたので体の血がラーメンスープになったような気がした。(嘘)

もう本格的に会社辞めようと思った。(本当)

 この後、上司には退職の意向を伝えた。(しばらくスルーされたが)

あ、このころは名ばかり管理職だったので残業代が出ず、悲しい気持ちが体中を駆け巡っていた。

僕の体はラーメンスープと悲しい気持ちで構成されていた。

 

◆3回目(2012年6月、7月)

退職の意向を伝えつつも大きなシステム開発案件が差し迫っていたので、これが 終わってから、次の角まで頑張ろう!とマラソン選手のような気持ちで頑張ってみた。

まあ、とっとと辞めれば良かったんだけど。

2012年6月は100時間、7月は過去最高点の150時間をマークしたぜ!

まあ、5月もゴールデンウィークなかったり、8月も休日出勤ばかりだっけど。

さて、150時間だと終電で帰宅するのが半分であとの半分はタクシーか会社で泊まるかという感じだった。

こうなると体調も最悪だし、頭も回らないので能率はかなり悪いんだけど、あと少しで会社を辞める!って思いだけで頑張っていた気がする。

深夜に家に帰ると隣の部屋の人が大声で歌っていたりと住環境も悪かったので辛かった。

会社を辞めることばかりを考えて過ごしていた。

それだけが僕のすべてだった。

ラーメンはあんまり食べず、牛丼ばっかり食べていた。

もちろん、名ばかり管理職のため残業代なし。

1か月休めるくらい(20日)くらいの休日出勤していた気がする。

会社辞めてやるぞ!という強い決意と牛丼で体が出来上がっていた。

 

◆4回目(2013年5~8月)

さて、4回目のは2013年5月~8月まで80時間残業と100時間は超えないもののダラダラと長時間労働をしていた。

そうそう、このころようやく前の会社を退職、転職して 初めての新しい職場での労働だった。

早速の残業続きで、すぐに会社辞めたくなった。

この世の中から残業なんて無くなればいいのに!ノーモア残業!

と思いつつ、すぐ会社辞めるのもキャリアに傷がつくので(たいしたキャリアじゃないけど)頑張った。

しかし、残業多いと転職する気もおきねぇなぁ。

面接もたりーし。という無気力だけが僕のすべてだった。

 

◆5回目(2014年1月、2月)

さて、また150時間くらいの残業がここに来てやってきた。

ここ数年の長時間労働や転職、隣人の嫌がらせなどもあり精神的にかなり答えていた。

メンがヘラっていた。

 初めて心療内科に通院し抗うつ剤抗不安薬を服用しつつ仕事を継続、上司に退職の意向も伝える。

しかし、もろもろの事情により頑張る。

メンがヘラっているけど頑張る。

抗うつ剤サインバルタという薬だったが、2chのバルタン・バルタン・サインバルタ♪という書き込みに励まされて頑張った。

関係ないけど、サインバルタって副作用なのかすごい汗かくよね。

このころはヘラった心が自分のすべてだった。

 

さて、振り返ってみると最近に長時間労働が偏っているなぁ。

長時間労働は駄目だね!

みんなも長時間労働には気を付けなはれや!

 

ばいびー! 

  

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

ランキングサイト