読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネスのグレーゾーンはどこまで許容するべきか?

まいど!たんたんたぬきたんです! 

 

amazonで出品者アカウントが乗っ取られ購入者に商品が届ない事件や、メルカリで現金が出品されるなど、最近はネットビジネスに関するニュースが世間を賑わせている。

 

もちろん、商品が届かいということは明かに犯罪行為なので問題であるが、メルカリで現金が出品されていることは購入者も納得の上購入しているわけであるから問題ないのでないか、という意見もある。

ここでメルカリで現金が出品されている件について簡単に説明する。

出品されている現金は特に希少価値のあるお札や古銭というわけではない。

現金の5万円が1万円上乗せされて6万円で出品されているというものだ。購入した時点で1万円を損する仕組みなのである。

ではなぜ購入する人がいるかというと、今手元に現金がなく、ア〇ムなどの消費者金融からの借り入れもしすぎてこれ以上借りらない、しかし、すぐに現金が無ければ困るような人たちだ。

この人たちはクレジットカードは持っていて現金を手に入れるためにクレジットカードで現金を購入するのだ。

 世の中にあるキャッシング枠で金を貸してくれる金融機関(?)と同じ仕組みだ。

 

 購入者は将来、収入の目途が立っているのか、それとも仕方なしに購入するのかはわからない。しかし、需要があるから成り立つ仕組みともいえる。

この他にも物販やアフィリエイトなどのネットビジネスはグレーゾーンの手法が多々存在する。

いや、上記のメルカリの手法はもはや、ほぼブラックなのだと思うのだが(金融業法にもアウトだと思う)、法律的に決まっていないようなグレーもある。

例えば、ウィークリーマンションなんてのも実は借地借家法の観点からグレーなところなのだが、必要としている人も多いし、今更取りやめも出来ないところである。 

また、パチンコはOKでヤミカジノはNGだということも微妙なところだ

 

さて、僕は昨年、かなり本気で民泊をやろうと準備を進めていた。そのために3000万円ほどの借金の審査を金融機関に依頼していた。金融機関からの審査がOKとなり借金出来ていたら今ごろは外国人観光客を宿泊させていたことであろう。

しかし、審査が通らなかった。

いや、審査の結果が数か月たっても出てこなかったのだ。

金融機関へのローンもグレーな方法で借りようとしていたし。(詳細は記述しないが)

 

今にして思えば、もし自分の家の隣の部屋で民泊で日々外人客がきたらどうであっただろうか?恐らく自分はクレームを大家に上げているだろうな、と思う。

それを棚に置いて自分も大家の端くれにも関わらずやるつもりだったのだ。

 

 

自分は今、ネットビジネス実施者の端くれとして輸入を実施している。

はっきり言ってグレーなところはどうしても出てくる。(公的機関に目をつけれていちゃもんつけられたら誰にも迷惑かけていなくてもアウトなんだろうな、とも思う。)

そして、今までの起業家たちもグレーなところは全く通っていないという人はいないと思われし、そこを通らなかったら絶対に成功はしていなかっただろう。

 

ビジネスをしている人が最終的に何をもとに判断してグレーゾーンに手を付けるか、辞めるかを判断するか、単純な倫理論だけではできないかもしれない。

ただ、ネットビジネス実施者の端くれとしてどこか筋を通すよう心掛けたい。

 

ばいびー! 

  

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

ランキングサイト