読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のマンション建築ラッシュに恐ろしいものを感じる・・・

まいど!たんたんたぬきたんです!

 

今、近所では3棟の新築マンションが建設中である。

近所と言っても最寄り駅から半径1キロ圏内とかではなく、今住んでいる家から半径200メートルほどのごくごく狭い範囲なのだ。

 

これは恐ろしいなぁと戦々恐々な思いを抱いている。

僕は前にも書いたとおり、区分マンションと1つのテラスハウスを所有しており、ローンを返済しても7万円ほどの収入になっている。

そして、今、23区内の端っこにもう一軒の区分マンションを購入しようと検討している。

今は確かにいいかもしれない。

でもあと10年後とかはどうだろうか。

恐らく、家賃が下がったとしても入居者がつけば マイナスになることはないだろうと思っている。

しかし、マンション投資の大きなリスクは以下である。

 

①空室のまま埋まらない

②物件の価値が下がる

③ローンの金利が上がる

④事故(地震、自殺など)

 

このうち一番恐ろしいのは④事故(地震、自殺など)かと思っていたし、実際今でも一番怖い。

しかし、最近は①空室のまま埋まらない、もかなり怖いことだなと思い始めた。

前述したように最近のマンション建築ラッシュは異常だ。

こんなにマンション供給が増えれば当然、古いマンションの家賃は下がる。

いや、下がるだけならいい。

当然、空室になる部屋も多くなるのである。

 

僕は2014年ころからインターネットで区分マンションの物件をいろいろと見てきた。

価格は上昇の一途をたどっていたように見えたマンション価格は今年になって少し落ち着いたように見える。(あくまで僕の感覚だけども)

僕が持っている物件も去年は購入時の4割増しで売ってくれと言われたこともあるが、先日は1割増しで売ってくれと言われてちょっと不動産熱も冷めてきたのかな、と感じた。(あのとき売っときゃよかったかなぁ・・・)

 

去年は初めて自分が所有している物件に退去者が出たが、初めての経験でかなり動揺した。もしタイミングが悪く空室期間が続いたらと思うとぞっとする。

不動産投資サイトの楽街でのコラムもここ最近は不動産投資のリスクや失敗談の話が増えたような気がする。

 

不動産というものは不思議なもので、はじめる前は凄い怖くて初めの物件を買うのにとても時間が掛かる。(多分、実践している人はみんなそうじゃないかな?)

でも、それを乗り越えると次の物件がすぐに欲しくなるから不思議だ。

僕は3年間で2つと遅いと思うんだけど、タイミングが合えば、おそらく3、4つは購入していた可能性がある。

 

自分としては無理をせず、ネットで不動産のチェックはするが熱しすぎないよう肝に銘じたい。

 

本日もご覧いただきありがとうございました!ばいびー! 

  

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

ランキングサイト